インジケータ

RSIの使い方や計算式をシェア!単純な逆張りは危険!

投稿日:

RSIトップ

こんばんは。

なおき(@naoki_finance)です。

今回は、オシレーター系の代表インジケータであるRSIの使い方や計算式などについてシェアします。

スポンサーリンク

アドセンス




RSIとは?売られすぎ買われすぎを視覚化してくれるインジケータ

RSIは、Relative Strength Indexの略で相対力指数と呼ばれています。

ある期間の値上がり幅と値下がり幅から売られすぎ買われすぎを視覚化してくれるインジケータです。

RSIをチャートに表示するとこのようになります。

RSIチャート表示

前回紹介したMACDのようにRSIをチャートに表示するとチャートの下に新たなチャートが表示されます。

指数というだけあって右端の数値の単位はパーセントとなっています。

この場合の設定は、30%~70%としていますのでそこに線が引かれています。

基本的な見方としてはこの70%ラインを上の場合は買われすぎ30%ラインより下の場合は売られすぎと判断します。

 

RSIの計算式

RSIは、このようにして計算されます。

RSIの計算式

期間:X、ソース:終値の場合

<strong><span style="color: #000000;">SMA値</span></strong> = X分の値上がり幅 ÷(X分の値上がり幅 + X分の値下がり幅) ÷ 100

相対力指数を言われているだけあって最後に100で割って%を出しています。

スポンサーリンク

アドセンス




単純に逆張りしてはいけない

RSIを使う上でよく言われているのが70%ラインの上なら買われすぎてているので逆張りの売り、30%を下回っていたら売られすぎているので逆張りの買いというものです。

しかし、これをしているとうまくいかない場合が多いです。

RSIダマシ

例えばこチャートの場合、RSIが70%ラインの上にあったもののその下落せず、横ばいになり上昇しています。

このように買われすぎ/売られすぎでも逆方法に動くわけではなく、あくまでもその後、勢いが無くなりやすいと理解しましょう。

 

順張りの利確ポイントの目安として使う!

このように売られすぎ買われすぎラインを外れていても逆張りに使うのは危ないといことが分かりました。

そのため、私は順張り時の利確ポイントの目安で使うのがいいと思っています。

RSI順張りの利確

例えばこのような感じ上部エントリーポイントでエントリーしたとします。

その後、RSIが30%ラインを下に抜けたところで利確するというものです。

利確1のポイントの場合、少し値幅を取り損なっている感じがしますが、今回はまだ持っていてもよかったというだけであってしっかり利確できたことを良しとしましょう。

頭と尻尾はくれてやれという相場の格言もありますのでこれは問題ありません。

ただし、トレンドが出ていても必ず30%や70%のラインを外れるわけではないので利確の一つの目安として使うことが重要です。

スポンサーリンク

アドセンス




オシレーター系インジケータはトレンド系と一緒に使う!

これまでの説明でお分かりかと思いますが、RSIだけで使えるものではなく、あくまで補助的なものです。

RSIは、オシレーター系インジケータの代表格だと書きましたが、オシレーター系の指標はどれもそれだけで勝つのは難しくトレンド系の指標と組み合わせるのが一般的です。RSI-MACD

今回は、トレンド系の指標としてMACDを入れてみました。

RSIの高値圏であり、MACDのデッドクロスでエントリーし、RSIの30%を割ったところで利確という方法です。

利確した箇所はMACDではデッドクロスしていますが、RSIを見ていることでその後の上昇で損することなく利確できました。

このようにオシレーター系の指標はトレンド系を組み合わせることで真価を発揮します。

 

最後に

強いトレンドが出ているといつまでも上がるんじゃないか(下がるんじゃないか)という錯覚に陥り、イナゴして損をするということが起きがちですが、RSIは売られすぎ買われすぎを数値として分かるため、しっかり確認しておけばこういうことも少なくなっていくでしょう。

今回は、70%と30%の設定をしましたが、通貨によっては80%と20%に設定したほうがより機能するということもありますので通貨に合わせて設定を変えてみてください。

 

ではまた。

 

今回サンプル画像で載せたチャートはトレーディングビューという高機能チャートソフトを使っています。

無料でも十分な機能が使えますので一度お試しください。

 

アドセンス




アドセンス




  • この記事を書いた人
なおき

なおき

2017年7月から仮想通貨投資を行っている兼業トレーダーのなおきと申します。 仮想通貨投資の前はFX(為替)をやっていました。 FXで得た知識を生かして悠々自適な生活を目標としています。 まずは億り人になり、脱サラを目指します!! このブログでは、仮想通貨投資で実際に稼ぐことができるのか、私の投資状況など生の声をお届けしていきます! 私の投資経験などの詳しいプロフィールはこちらTwitterもやっていますのでぜひフォローしてください!

おすすめ記事

1

こんばんは。 なおき(@naoki_finance)です。 先日の記事でYouTubeで仮想通貨botプログラミングチャンネルを始めますよという告知をさせていただきました。 そのプログラミングチャンネ ...

2

こんばんは。 なおき(@naoki_finance)です。 この記事をご覧いただいている方は仮想通貨投資で一財築きたい!と考えている方だと思います。 ただ、一口に仮想通貨投資といってもいろいろな投資ス ...

3

こんばんは。 なおき(@naoki_finance)です。 これまでもBANKERAの配当(レベニューシェア)報告をさせていただいていましたが、毎週同じような記事ができてしまうので、これからはこの記事 ...

-インジケータ
-, , , ,

Copyright© 5 万円で始めた仮想通貨トレード、ほんとに稼げる? , 2018 All Rights Reserved.